カードローンナビ

経済力に自信が無い場合には

カードローンを利用するにはある程度の経済力が必要です。カードローンを利用する目的としては、主にお金に困っているからというものです。しかし、このお金に困っているというのは、給料日前でお金が足りないといった分類です。

つまりもうすぐ収入を得る事が出来るが、現在においてはお金が無いという場合であり、自分の収入で返済出来ない様なお金を得る為に利用するのではありません。事故で入院してしまって治療費が足りないというのは後者にあたります。高額の治療費を払えないからカードローンを利用するのでは、返済しきれない可能性があります。

カードローンの審査においては、こういった返済能力を見られる事になるので、年収が200万円以下であれば銀行のカードローンの申込はお勧め出来ません。その程度の年収では審査に落とされる可能性があるので、消費者金融に申し込む事がお勧めです。

まずは審査に通る事を考える

カードローンは銀行や消費者金融で利用する事が出来ますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。銀行は低金利で借入をさせてくれますが、審査基準が厳しく設定されており、審査結果がわかるまでに時間がかかってしまいます。

消費者金融は銀行に比べるとかなりの高金利ですが、審査基準がゆるいので多少経済力が乏しくても借入する事が可能です。そして、審査スピードが非常に早いです。今では即日融資をしてもらえる消費者金融が多く、急にお金が必要になったという場合においては非常に便利です。

この両方に共通して審査に落ちる場合には、経済力よりも社会的信用度が低い事が考えられます。つまりお金を貸してもしっかり期日を守って返済してくれる利用者かを判断する項目が充実していなければ、いくら経済力があったとしても審査に通る事はありません。